1. ホーム
  2. トーセイ・リートの概要
  3. ご挨拶

ご挨拶

トーセイ・アセット・アドバイザーズ株式会社 代表取締役社長 藤永 明彦 / トーセイ・リート投資法人 執行役員 : 黒山 久章 / トーセイ・アセット・アドバイザーズ株式会社 代表取締役会長兼社長 : 中村 博

トーセイ・リート投資法人のホームページへようこそ!

本投資法人は、投資主の皆さまをはじめ、多くのステークホルダーの皆様のご支援のもと、平成26年11月27日にオフィス、商業施設及び住宅からなる12物件、174億円強の資産を保有する総合型REITとして東京証券取引所不動産投資信託市場(J-REIT市場)に上場いたしました。本投資法人は、日本の不動産市場に存在する『膨大な既存建築ストック』のうち、中小規模のオフィス、商業施設、住宅及びホテルをボリュームゾーンの不動産と位置づけ、主に東京経済圏に所在するこれらの不動産を投資対象として、相対的に高い利回りが期待できる物件への投資を行っております。資産運用会社であるトーセイ・アセット・アドバイザーズ株式会社が私募ファンド運用において培った豊富な経験や、スポンサーであるトーセイ株式会社の強み(目利き力、リーシング力、再生力)を最大限に活用し、投資対象不動産の、利回り水準や収益の安定性といった賃貸不動産としてのポテンシャルを見極め、そのバリューアップの可能性等も視野に入れた投資・運用を実践し、本投資法人の中長期的な資産価値の維持・向上を追求し、投資主価値の最大化を図ることを目指しています。

上場以来、トーセイ株式会社からのパイプラインを活かした成長を積極的に推進し、着実に実績を重ねてまいりました。東京経済圏のボリュームゾーンの不動産においても、賃貸不動産としての競争力やポテンシャルの高い物件の取得競争は年々厳しさを増している状況にありますが、こうしたマーケット環境下でも、これまで3年連続で公募増資を実施し、相対的に高い利回りが期待できる物件を継続的に厳選して取得してきました。また、外部成長面に加え、取得当初に稼動率の向上やテナント入替え余地のあった物件を中心に、着実に実績ベースでの収益を引き上げ、運用資産全体としての収益力の向上にも取り組んでいます。現在の資産規模は合計31物件、459億円と未だ小規模ですが、物件取得時の利回り目線を維持しながら資産規模の拡大を果たし分配金の向上を実現しています。

今後につきましても、分配金水準の維持、向上を重視した運用方針を基本に据え、地道に資産規模の拡大を図っていく所存です。

皆様におかれましては、引き続き、本投資法人の成長に対し、変わらぬご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

ページの先頭へ